気になることいろいろ調べてみよう!話のネタになるかも。

雑学Labo

ライフスタイル

一人暮らし用のベッドのおすすめは?どんな種類があるの?

更新日:

春が近付き、もうそろそろ新生活の準備を始める方も多いでしょうね。

新たにこの春から一人暮らしをする方は、どんな家具を買おうか、どんな部屋にしようかなど、ワクワクしている方もきっといるはずです。

そこで今回は、これから一人暮らしをする方に向けて一人暮らしにオススメのベッドをご紹介しますね。
あなたのベット選びの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

一人用のベッドの種類は何がある?

まずはベッドの種類についてみてみましょう。
ベッドのサイズは主に5種類あります。

【ベットサイズ】
・シングル(幅97cm)
・セミダブル(幅120cm)
・ダブル(幅140cm)
・クイーン(幅80cm×2枚)
・キング(幅90cm×2枚)

長さは全て195cm

一人用として使用するのであれば、シングルまたはセミダブルのベッドになります。
シングルサイズのベッドでも1人で寝るのには十分ですが、寝返りをうったりすると落ちてしまうこともあります。ゆったりと休みたいという方はセミダブルのベッドがおススメです。

ちなみに一般的に、最低限確保したい横幅は自分の身体の幅プラス30cmと言われています。身体の大きい男性であれば特にセミダブルの方が良いかもしれませんね。

一人暮らしにちょうどいいベッドサイズの売れ筋は?

1人で使用するのであればシングルサイズかセミダブルがおススメですが、実際に一人暮らしをしている方がよく買っているサイズはいくつなのでしょうか。

一人暮らしをする部屋だとスペースに余裕がなく、ベッドサイズをどうしようか悩む方が多いと思います。
女性であれば、シングルよりも少し小さめのセミシングルやショートタイプのもの、またはシングルサイズのベッドを選ぶ方が多く、男性はシングルサイズを購入する方が多いです。

あまりスペースを使いたくないから、という理由でシングルサイズを選ぶ方が多いと思いますが、収納付きのベッドならばベッドが大きいほど収納スペースが増えます。

それを考えると、シングルサイズにこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

また、せっかくの一人暮らしなのでインテリアにこだわりたいと考えている方もいると思います。

ベッドは大きい分、インテリアに与える影響も大きくなってきます。

シンプルなベッドやモダンなもの、その他にも北欧風やアジアンテイストなど、色々なベッドがあるのでベッドを購入するときには部屋をどういった雰囲気にしたいのかを考えて選んでみるのも良いですね。

スポンサーリンク

狭い部屋におすすめのベッド3選!

最後に一人暮らしの方に狭い部屋でも大丈夫なベッドをご紹介します。

◆折りたたみ式ベッド
二つに折りたたむことが出来るベッドで、日中は折りたたむことにより部屋のスペースを大きく使うことができます。折りたたみ式ベッドの大きなメリットは、掃除が楽なことと湿気が溜まりにくいことですね。
ベッドの下はホコリが溜まりやすく掃除をしにくい場所ですが、折りたたみ式ベッドは折りたためば掃除がしやすく部屋をキレイに保つことができます。

◆ソファベッド
昼はソファ、夜はベッドとして使用することでスペースを有効的に使うことができます。
部屋にスペースの余裕がある方は普段ソファとして使い、友人や家族が来た時にベッドとして使うのも良いですね。

◆ロフトベッド
ロフトベッドはベッド下のスペースを有効活用することができます。
ベッド下に机や家具なども置くことが出来るので収納スペースを大きく取りたい方にはオススメです。

まとめ

今回は一人暮らし用のベッドについてご紹介しました。

一人暮らしだと部屋のスペースが限られてきて、大きさを取るのか収納出来るようにするのかなど色々迷うことがあると思います。

あなたのお城ですから、是非お気に入りのベッドを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

 

-ライフスタイル
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.