気になることいろいろ調べてみよう!話のネタにどうぞ!

雑学Labo

ライフスタイル

花粉症にはヨーグルトが効果てきめん!?種類や量はどうしたらいいの?

更新日:

花粉症の方には恐ろしい季節がやってきました。
今ではこの時期になると毎年コンビニやドラックストアなどで花粉症対策用のグッズがピックアップされていて、たくさんの商品が並んでいますよね。

そんな中、最近注目されているのがヨーグルトです。

しかし、調べてみるとどうやらヨーグルトを大量に食べ続けているだけでは効果はないようです。

今回は、そんなヨーグルトと花粉症についてのお話です。

スポンサーリンク

ヨーグルトが花粉症に効果的な理由

ヨーグルトが花粉症に効果的と聞きますが、実際には食べたからすぐに花粉症に効果があるわけではありません。

つまり、毎日適量のヨーグルトを摂取して、少しずつ免疫力をあげていく必要があるのです。
では、なぜヨーグルトが花粉症に効果的なのでしょうか。

ヨーグルトには乳酸菌という菌が含まれているのは皆さんご存知だと思います。
この乳酸菌は、腸内環境を改善する働きがあります。

この乳酸菌には種類はありますが、花粉症やアトピー性皮膚炎や鼻炎にも効果的と言われています。

腸内環境を整えると体は免疫力を高めてくれるので、体質の改善に繋がります。
このことから、ヨーグルトは花粉症に効果的だと言われているのです。

ヨーグルトにも種類がある

花粉症や鼻炎、アトピー性皮膚炎は「Th1」「Th2」という免疫細胞の崩れが原因で起こるのですが、乳酸菌はこの免疫細胞のバランスを改善します。

バランスを乳酸菌が改善して、最終的には花粉症などのアレルギー症状を引き起こすスイッチを抑えるというシステムなのです。

しかし、だからといって適当に選んだヨーグルトでは、効果的とは言えません。

では、簡単にどんなものが良いのかと言うと「腸まで届く乳酸菌」と書かれているヨーグルトであれば大丈夫です。

今ですと「R-1」「LG-21」「L-92」などが簡単に手に入ります。

また、定番のヨーグルトである「ビヒタス」の中には「BB536」という名前の(恐らく私は明日には忘れる名前)乳酸菌が含まれているので、花粉症に効果的と言われていますが、人によっては効果が薄いと感じる方もいるようです。

ビヒタスのメリットは手に入りやすくて、味が選べることだと思います。

私は個人的には「LG-21」がおすすめです。
娘と一緒に飲むことが多いのですが、飲み始めてから鼻炎の症状が若干治まってきたようにも感じます。

また、私は薬の影響で便秘になることが多いので、毎朝ヨーグルトとバナナをミキサーにかけたものを飲んでいますので、恐らくは腸内環境のバランスが改善されているのではないかと思います。
あくまで、私の考えなので参考程度にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

1日何グラム食べれば効果あり?

では、どれだけ摂取すればよいのかですが、意外と少ない量なんです。

基本的には200グラムのヨーグルトを摂取すれば、腸内環境を改善できると言われています。
200グラムは、市販の大きいヨーグルトのおよそ半分なので、意外とペロリと食べられます。

このヨーグルトですが、砂糖を入れて食べるのはNGです!
砂糖が免疫力の低下を抑えてくれるビタミンBを減少してしまうので、出来れば砂糖のないヨーグルトを選びましょう。

プレーンヨーグルト200グラムをそのまま摂取するのは、慣れるまで大変かもしれません。
そんな時は、蜂蜜や黒蜜でしたら大丈夫なので、少しだけ加えて食べてみてください。

このヨーグルトを食べる習慣を1、2ヶ月ほど続けていくと、効果が少しずつ現れてきますので、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ヨーグルトを食べると、腸内環境も整いますし、腸内環境が整えば体調管理がとてもしやすくなりますので一石二鳥ですね。

しかし、人によってはヨーグルトでも効果がない場合もありますので、その場合は別の方法を試してみてみましょう。

スポンサーリンク

 

-ライフスタイル
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved.