気になることいろいろ調べてみよう!話のネタになるかも。

雑学Labo

ヘルスケア ライフスタイル

子供の夏パジャマのおすすめは?あせもにならない服装や素材はコレ!

更新日:

夏場の暑い時期。
子供なんて肌着一枚にパンツ一丁で寝かせておけば十分!なんて思っていませんか?

現代では、クーラーを使用する家庭が増えているので、肌着一枚いパンツ一丁なんて格好で寝かせていると、おなかを壊したり、クーラー冷えを起こしてしまうことも…。

でも、パジャマを着せたら寝汗が…と悩みが尽きることはありません。

そこで、夏の暑い日にもおすすめな、あせもになりにくい素材のパジャマや、夏場も心地良い寝具などをご紹介していきます。
お子さんが快適に眠れるように、参考にしてみてくださいね。

関連記事冷感インナーを比較してみた!一番涼しく感じたのはコレ!

関連記事掛け布団は夏でも必要?涼しく過ごすための寝具選び

スポンサーリンク

子供には夏でもパジャマは必要?

子供の体は代謝がとても良く、一年中汗をたくさんかきます。

汗を吸収させたり、体を冷やさないためにも、パジャマはかならず用意して毎日新しいものに代えてあげてくださいね。

おじいちゃんやおばあちゃんの中には「子供なんて夏場は肌着にパンツで転がしておけば良い」と言う方もいらっしゃいますが、現代の家庭環境でそんなことをしたら、体は冷えてしまいますし、膀胱炎などの病気になってしまう可能性もあるので絶対におすすめはできません。

とはいえ下着にパジャマを着せると、暑いのではないかと心配になるかもしれませんね。

確かに暑いです。しかし、汗をたくさんかく子供に、汗を吸わない生地の服を着せて寝かせてしまうと、あせもの原因になってしまう場合もあります。

とくに現代では冷感素材を使った寝具などが毎年注目を集めていますので、そういった夏用の素材のパジャマを着せるだけで、暑さ対策ができますね。

子供のあせもを防止するためには、肌着をきちんと着用させたうえにパジャマを着させて、空調をきちんと整えた生活をこころがけてあげましょう。

また、パジャマを着用させない家庭が多く見られますが、そもそもパジャマは寝るときに心地良いように作られているものなので、肌着一枚よりも気持ちよく眠ることができます。

更に、パジャマに着替えることで、着替えなどの生活習慣も自然と身につくので一石二鳥というわけです。

あせもにさせないための服装や素材

では、具体的にどんな素材のものを着用させるとあせもを防ぐことができるのでしょうか?

汗を吸う素材の下着を着用させる

あせもを防止するためには、汗をきちんと吸ってくれる素材の下着を着させることが何よりの方法です。

肌着は綿素材のものを選び、弱い肌にこすれないようにレースのついていないものを選んで子供に着用させています。

わきの下なども汗をかきやすく、あせもになりやすいので汗を吸わないノースリーブやキャミソールなどの下着ではなく、半袖の下着を用意してあげましょう。

スポンサーリンク

通気性の良いパジャマを着用させる

あせもは蒸れが原因で起こす炎症です。通気性が良いパジャマを着せてあげましょう。

ポリエステル素材のパジャマなどは、特殊な加工がされていなければ、ほとんどは通気性が悪いので、子供に着せるときには素材チェックが必要です。
綿素材(コットン100%)のパジャマで、飾りの少ないものにしましょう。

肌触りの良い素材を着用させる

完璧に綿素材のパジャマを選ぶのはちょっと難しいですよね。
そこで、もしも綿素材のパジャマが手に入らなかった場合、肌触りが良く、できるだけ薄い生地のパジャマを選んであげてください。

肌触りが悪いと、肌にこすれてあせもになりやすくなってしまうので、あせもを防ぐという目的でも、肌触りの良い素材を選ぶと安心ですよ。

夏でも心地よい寝具は?

現代ではクーラーなどをつかって空調管理を簡単に行うことができますが、寝具を変えることでクーラーの設定温度を高めに設定することもできます。
冷房の設定温度を高めに設定すると、体にかかる負担も軽減されますし、エコですよね。

おすすめなのは冷感素材の夏掛け布団や、敷きパットです。

冷感素材というのは、特殊な加工をされている素材のことで、触った瞬間にひんやりと心地の良い冷たさを感じることのできるものです。

この素材のメリットは、非常に滑らかで、眠っているときにもタオルケットのように体に巻きつかないところです。
体に巻きつかないので、汗をかきにくく、あせもになりにくいんです。

また、冷感素材の敷きパットなので、寝返りを打ったときにもひんやりした心地良さを感じることができます。
できるだけクーラーを使いたくないという場合は、冷感素材の寝具を試してみてはいかがでしょう。

関連記事冷感インナーを比較してみた!一番涼しく感じたのはコレ!

関連記事掛け布団は夏でも必要?涼しく過ごすための寝具選び

まとめ

子供の体温調整や、肌の管理はとても大変です。
ですが、身に付ける衣類の素材を変えるだけで、肌トラブルを防ぐこともできます。

今回のように、子供のあせもを防ぐためには、

・汗をしっかりと吸う下着を着用させ、こまめに着替えをさせる
・パジャマは通気性の良い素材を着用させる
・空調管理をしつつ、寝具は冷感素材のものを選ぶ

と、このような工夫をすると、夏の熱帯夜でも心地よく過ごせて、あせもに悩まされることもなくなるでしょう。
みなさんもぜひ快適な夏の夜を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

 

-ヘルスケア, ライフスタイル
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.