気になることいろいろ調べてみよう!話のネタにどうぞ!

雑学Labo

ヘルスケア

さつまいもを食べるだけ?ダイエットの効果は如何に!

更新日:

33_1

はるか昔から、日本人と関わりの深い野菜として有名な「さつまいも」。

さつまいもには甘味はもちろん、ビタミンやミネラルも含まれていますが、食物繊維も多く含んでいる野菜としても有名です。

そんなさつまいもについて、「さつまいもはダイエットにどれくらい効果がある?」「さつまいもは糖質が多いからダイエットには向かないと聞いたけど本当?」などの疑問はありませんか?

そんな疑問をズバッと解決する「さつまいもとダイエットの関係」をご紹介します!

これを見たら、すぐに八百屋さんへさつまいもを買いに行きたくなるかも。

スポンサーリンク

さつまいもを主食に置き換えてみると?

さつまいもは、ビタミンなどの成分の他に「炭水化物」も含んでいます。

炭水化物はご飯やパンなどがよく知られていますが、さつまいもは主食に置き換える事は出来るでしょうか?

先程ご紹介した通り、さつまいもの成分の中に炭水化物も含んでいますので、「主食に置き換える事」が出来ます。

そして、ダイエット方法の一つとして、食事の主食を「さつまいもに置き換える」方法があります。

やり方はとても簡単で「毎日のランチかディナーの時に、さつまいもを食べるだけ」です。

しかも、白いご飯とカロリーを比較してもカロリーは低く、芋類なので腹持ちも良いというメリットもあります。

味が甘いからダイエットには向かないとのイメージがありますが、自然の甘味なので、そこまで心配する必要もありません。

かくゆう私も、ダイエットのきっかけとして、さつまいもを主食に置き換えた所、満腹感が長く続くので、全体的に摂取するカロリーが抑えられました。

スポンサーリンク

食べ続けることでダイエット効果が出る?

毎日の食事にさつまいもを取り入れる事で、満腹感を得られるだけでは無く、ビタミンも含んでいるのでお肌にも良い効果が期待出来ます。

そして自然の甘味もあるので、糖分が気になる方にも嬉しい食品です。

しかも、さつまいもには「クロロゲン酸」という成分があり、糖の吸収を抑えてくれるメリットもあります。

満腹感と糖の吸収を抑える食品は他にもありますが、さつまいもの様な甘味を含んでいる食品は少ないです。

そんな意味においても、さつまいもは美味しく、しかも消化吸収する時間も比較的ゆっくりで、「万能食品」と言えるでしょう。

ダイエットで壁とも言えるのが「続けられるかどうか」だと思います。

甘い食品も制限せずに、しかも食べるだけで効果が期待出来るさつまいもは、続けやすいダイエット食品とも言えるでしょう。

短期間で現れる?すっきり効果!

これまで、さつまいもが「甘味もあり、満腹感もあるダイエットに向いている食品」だとご紹介してきました。

さらに、さつまいもの注目すべき成分の中に「食物繊維」が挙げられます。

食物繊維が多く含まれている食品としてゴボウなどがありますが、さつまいもも多くの食物繊維を含んでいるので、女性には嬉しいですね。

しかし、便秘に効果が期待出来るので沢山食べてしまいがちですが、「食べ過ぎ」には注意が必要です。また、食べる時は「よく噛んで食べる事」も大事です。

しっかり噛んで食べないと消化不良を起こし、逆に便秘になる事もあります。

また、蒸したり焼いたりする事で甘味が増すので、素材の味だけで十分な甘味を実感できるので、砂糖などの甘味料を控えることもでダイエットの効果が上がります。

そういった事に注意を払って食べ続ければ、「短期間ですっきり」を実感出来る可能性が高いです。
便秘解消や満腹感を得られる事が実感出来れば、ダイエットは続けやすくなりますし、自分の体が健康的に絞れていく嬉しさも得られることでしょう。

まとめ

さつまいもは、ご飯やパンなどの主食に置き換える事が可能で、甘さもあり、腹持ちが続く食品です。
食物繊維が豊富なので便秘解消に効果が期待できるので、女性にとってはうれしい食品ですね。

スポンサーリンク

 

-ヘルスケア
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved.