気になることいろいろ調べてみよう!話のネタになるかも。

雑学Labo

ライフスタイル

かかとのブカブカ解消!パンプスがすぐに脱げてしまうときの対策方法とは?

投稿日:

239_2

~もう悩まない!脱げるパンプスを履きこなす!方法と対策。~

一目惚れで買ったカワイイパンプス…早速履きたい!
でもいざ履いてお出かけすると、かかとがカパカパして歩きにくい…脱げる…気に入って買ったのにこれじゃあ、意味が無い!

そんな時に使えるワザを集めました。あなたのパンプスも諦めないで!この裏ワザで履きこなしましょう。

スポンサーリンク

パンプスのかかと抜けしてしまう原因は

「そもそも、何故パンプスが脱げちゃうの?」

パンプスが脱げてしまうのは、サイズがあっていない場合が多いです。
「え、私ちゃんとサイズを見て買ったよ!」というそこのあなた。

あなたの靴のサイズが仮に23.5センチだとしましょう。
しかし、靴はメーカーによって本当に微妙~にサイズが違ったりします。

パンプスを買うときは以下の三点がきちんと合っているかを確認しましょう。
・つま先
・はき口
・かかと

よく見るとかかとがあまっていませんか?はき口と足の甲の間に隙間がありませんか?
それがパンプスを脱げる原因なんですよ。

ぶかぶか対策はコレ!

「でも、もうパンプス買っちゃたし…」

それでは、カパカパするパンプスを快適に履くために方法をいくつか考えてみましょう。

つま先が大きい場合

靴をはいてつま先を押してみてください。ペコペコしませんか?

靴が大きいことが原因です。そこにつま先用のクッション性の中敷きを敷いてみましょう。
これは100円ショップなどでも売っていますよ。三角形の形のものが多いです。

中敷きが大きい場合は靴の大きさに合わせて簡単にハサミでカットできます。
まず、敷いてみて、足がぴったりなら、両面テープなどで固定してしまいましょう♪

足の甲の部分が大きい場合

これはおそらく靴の「横幅」が合ってない場合の悩みですね。
これが一番解決しやすいのではないでしょうか。
靴を履いてみて、全体的にブカブカしている…と感じるのも横幅が合っていない場合ですね。

これについては靴に中敷きを敷いてみましょう。こちらも100円ショップに豊富にあります。
最近は、カワイイ柄ものや、消臭効果のあるものまでたくさんの種類が出ています。厚みのあるものが効果的です。

冬の時期でしたら、ボア素材のものを選んでもいいかもしれませんね。好みのもので試してみてください。

足のかかとが大きい場合

個人的にこれが一番やっかいな気がします。かかとが脱げるって本当に歩きにくいし、不格好になってしまい、カッコワルんですよ。

ひとまず、かかと部分に貼り付けるクッションが売っていますので購入しましょう。
個人的にはジェル状のものがオススメです。こちらも100円ショップもので十分ですよ。

しかし、これについては貼る部分が湾曲しているせいか、とにかくすぐ取れてしまいます。
ひどい時は、貼ってすぐ、履こうとした時にかかととの摩擦によってかがれてしまうこともあります。

どうすればいいのでしょうか。
私の場合ですが、思い切って瞬間接着剤で貼り付けてしまいます。

かなり大胆な方法ですが、どうせ対策をしなきゃ履けない靴ですし、そのまま履けないよりはマシかと思いまして。
でも、この方法は靴を痛める可能性大ですので、高価な靴の場合などは避けたほうがいいかもしれません。

靴用バンドで実用性もオシャレ度もアップ

「なにをやっても脱げちゃうよ~」

そんなあなたも諦めないで!
上記の3点でも解決しなかった人は、靴用バンドを試してみてくださいね。
しつこいようですが、これも100円ショップで購入可能です。

これは、パンプスを足をゴムのように伸びるバンドで止めてしまう方法です。
足とパンプスを一体化させるので脱げる心配がありません。

最近は、リボンのついたものや、ラメの入ったものなどたくさん種類が出ています。
もちろん、クリアタイプのものもあるので目立たずにつけることも可能です。
つけるバンドによって靴の印象もガラリを変わります。
その日の気分に合わせて、自由に楽しんでくださいね。

最後に

いかがでしたか?
諦めていたあのパンプスもこれで陽の目を見ることができますね!
よい靴で、しっかり歩くことは健康にも繋がります。
オシャレでかわいいパンプスを履きこなして、お出かけを楽しんくださいね。

スポンサーリンク

 

-ライフスタイル
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.