気になることいろいろ調べてみよう!話のネタになるかも。

雑学Labo

ライフスタイル

縁起のいい日はいつ?2017年に結婚や開業するならこの日!

更新日:

244_3

2017年に結婚が決まった方、おめでとうございます!
それにともなう引っ越しや、はたまた開業を予定している方も、やはり縁起のいい日を選びたいですよね。

もちろん、毎年変わるものですが、ポイントを押さえておけば、2018年以降も、何かとスムーズにすすむことでしょう。
来るしあわせに向けて、一緒に縁起のいい日を探してみましょう。

スポンサーリンク

そもそも縁起がいい日ってどんな日?

みなさん、「大安」という言葉は聞いたことがあると思います。
「大いに安し」、いかにも縁起がいい感じがしますよね。六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の中で最高の吉日で、何をやっても大丈夫!という日ですね。

そして、他にも縁起のいい日を4つ紹介します。
ひとつめは、1年に5~6日しかない天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)です。
「天」が全ての罪を「赦す(ゆるす)」日ですから、日本の暦において最上の吉日になります。

ふたつめは、大安とも肩を並べる一粒万倍日(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち)。これは、一粒のモミが万倍にも実って稲穂になることから、元手がわずかでも膨らんでいくことを意味します。

みっつめは、新しい月が始まる新月
なにもないところから輝いていく(膨らんでいく)ことを意味します。

最後は、七箇の善日(天恩日・母倉日・月徳日・天赦日・神吉日・大明日・鬼宿日)のひとつの母倉日(ぼそうにち)。

母親が子どもを育てるように、天が人間をいつくしむ日なんですって。「七箇の善日」には、先述した「天赦日」も含まれ、縁起のいい日というのはまだまだありますね。

2017年縁起がいい日ベスト3

ひとくちに縁起がいい日といっても、「何をするのに」という部分もありますので、今回は、結婚や引っ越し、開業などの「新しく始める」を中心にすすめていきますね。

まず、堂々の第一位の7月6日は天赦日+大安、さらに一粒万倍日まで重なっています。
もう間違いないですね。

そして、第二位は6月24日。こちらは、大安+一粒万倍日、ついでに新月が重なっています。

さらに、第三位は9月18日。こちらは、天赦日+一粒万倍日となっています。他にも、天赦日を中心に、婚姻に特化した縁起のいい日というのもいくつかあります。

スポンサーリンク

縁起が悪い日にも要注意!

さて、今度は逆に、縁起が悪い日についてです。
まず、こちらもよく耳にする言葉に「仏滅」がありますね。

「仏も滅する」なんて、不吉この上ないですね。六曜の中でも最凶の日で、何をやってもダメ…という日ですね。

そして、「不成就日(ふじょうじゅび・ふじょうじゅにち)」は、読んで字のごとく、何も成就しない日です。しかしこの「不成就日」、8日間隔でやってきます。意外と多いですね。

また、向き不向きで、良い悪いが混在している日もあります。たとえば、先述した「一粒万倍日」に借金なんてもってのほかですね!融資を受けるのも同じことです。

他にも、十二支の「寅の日」は金運を招く吉日であり、虎が一瞬で千里を行き来することから旅行運も良いとされています。しかし、出戻りを連想させる婚姻や、成仏できないことを連想させる葬儀などは向いていないことになります。

最後に

縁起のいい日というのは、「天赦日」の力が大きいのでしょうかね。
なんといっても「万(よろづ)よし」ですから。

2017年縁起がいい日ベスト3でも、7月6日は不成就日、9月18日は仏滅が重なっていますが、それさえ吹き飛ばす大吉っぷりなんでしょう。

また、結婚式場などでは、仏滅プランなんていうのもありますよね。
縁起を気にしない方や、割引を受けたい方、落ち着いて式を挙げたいから空いている日が良いという方など、様々な方が利用していますね。

縁起がいいに越したことはありませんが、そればかり気にしていては何もできなくなってしまいますよね。ご自身で選んだ日が最良の日と信じて、ぜひ前向きに事をすすめていってください!

スポンサーリンク

 

-ライフスタイル
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.