気になることいろいろ調べてみよう!話のネタにどうぞ!

雑学Labo

行楽スポット

年末年始の国内旅行の穴場や予定の立て方など家族旅行を楽しむコツ

投稿日:

そろそろ年末年始の旅行の計画を立て始める人もいるのでないでしょうか。

ただでさえ込み合う年末年始。

せっかくだから少しでも混雑の少ない場所へ行きたいですよね。

「家族でのんびりできる穴場のスポットはないかな?」そんな人に朗報です♪

家族で楽しめる穴場スポット、集めてきましたよ!旅行の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

年末年始の国内旅行の穴場は?

せっかくの家族旅行ですから、大人も子供も楽しめる場所がいいですよね!ここでは、年末年始におすすめの旅行先をご紹介します。

名古屋

今年オープンしたレゴランドで有名な名古屋は年末年始でも混雑が少ないスポットです。
年末年始には、名古屋駅前の高島屋や、名古屋テレビ塔周辺でイルミネーションを見ることができます。また、テレビ塔と、トヨタミッドランドスクウェア展望台では初の出が見えます。

ギネス記録にもなったジェットコースター・ホワイトサイクロンのあるナガシマスパーランドへもバスで30分ほどですので、カウントダウン花火&ニューイヤーズパーティーに参加するのも楽しいですよ♪

初詣は熱田神宮へ♪名古屋駅周辺には高島屋、近鉄百貨店、近鉄パッセがありますので、初詣の後には、福袋商戦に参加するのも楽しいですよ♪

奈良

宿泊客ランキング万年最下位である奈良県…決して、奈良県がつまらない県であるからではないのです!旅行の時、奈良と京都をセットで観光する人が多いため、宿泊先を京都にする人が多いのです。そのため、奈良のホテルは比較的予約がしやすいのです♪

奈良には、東大寺で聖徳太子との縁を感じてみたり…奈良公園でかわいい鹿と戯れたり、奈良の風情を感じる、ならまちをまったり歩いたり…観光スポットがたくさんあります。日本最古といわれる大神神社で初詣をし、家族の円満、良縁を祈るのもいいですね。

年末年始の旅行はいつ頃行くのがお得?

年末年始は旅行代金もホテル代も高くなりがち…旅行へせっかく行くのですから、お得な旅にしたいですよね。少しでも費用を抑える方法をご紹介します。

連休を避ける

金曜、土曜出発を避ける
どうしても連休前の出発や、宿泊は高くなってしまいますので、連休を避けて平日や日曜日の出発を検討してみましょう。

飛行機や新幹線の時間をずらす

現地には早く到着して、たくさん遊びたい!という気持ちはわかりますが、パックツアーなどで行く場合、やはり朝便、昼便というのは人気が高く、追加料金がかかる場合がほとんどです。
少しでもう安くしたい時は、夕方か夜便で出発するのがおすすめです。現地に着いたらほぼ夜…ということになり、一日目はあまり遊べないので、時間がない人は難しいですが、休みに余裕がある人は夜便を選んでみてください!

時期をずらして、オフシーズンに行く

年末年始から少しずれてしまいますが、1月5日以降は旅行業界もオフシーズンであるため、旅行代金が安くなっていることが多いようです。うまく利用すればかなりコストが抑えられますよ。

ただし、国外に行く場合は、国によっては旧正月にあたり、割高になっていることもあるので、行先には注意しましょう。

スポンサーリンク

年末年始の旅行で気を付けておきたいこと

せっかくの旅行もささいなことで台無しになってしまい、悲しい思いをすることもあるかも…ここでは、年末年始の旅行で気を付けたいことをお知らせしますね。

戸締りはしっかりと行いましょう

旅行の際に長く家を空けることになります。戸締りはしっかりと行いましょう。また、ガスの元栓やコンセントなど基本的なことですが、少しの油断で火事になることもあります。
出発前に危険がないかチェックしましょう。洗濯ものを干していく場合は、屋内に干しましょうね。

郵便物などにも注意!

一週間以上家を空けるのであれば、新聞や郵便物は止めておくのが安全です。宅配便が届きそうなときは、業者に連絡をして預かってもらえないか、または転送してもらえないか確認をしてみましょう。

SNSでの「なう」で空き巣に!?

今や定番のSNS。旅の思い出をアップすることはいいのですが、それによって旅行中=留守であることがバレ、空き巣に入られた例があるそうです。
個人が特定されるような書き込みは避けたほうがよさそうです。

最後に

たまに行く旅行は、私たちに「非日常」を体験させてくれ、よい気分転換になります。人生で行ったことのない場所にどれくらい行くことができるのだろう…とたまに考えてしまうこともあるでしょう。
普段の生活の疲れを癒しにいくのもよし、未知の分野への挑戦をしに行くのもよし、それぞれに合ったプランで、旅行をめいっぱい楽しんでいただければと思います。

スポンサーリンク

 

-行楽スポット
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved.