気になることいろいろ調べてみよう!話のネタにどうぞ!

雑学Labo

ライフスタイル

引っ越しで大変な作業、ベッドの解体はどうすればいい?

更新日:

この春に引っ越しをする方はもうそろそろ引っ越しの準備始められた頃でしょうか。

準備をするなかで色々とどうしたらいいのか悩むことが多くあると思いますが、
そのなかでもベッドはどのようにすればいいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

ベッドは大きいため、解体した方が良いのか、
それともそのままの状態にしておけばいいのか悩みますよね。

実際のところどうしておけばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

引っ越しの時、ベッドは解体しておくべき?

引っ越しをするときには、ベッドはどのような状態にしておくのが良いのでしょうか。

なかには引っ越し代を節約しようと何とか業者を使わずに引っ越しをしたいと考える方もいるかもしれませんが、運ぶ時に色んなところを傷つけたりする可能性があるのでなるべく業者に依頼するのが無難でしょう。

引っ越しをするときにベッドを解体するかどうかはベッドのサイズにもよって異なります。

小型のベッドであればそのまま梱包して運ぶことが出来ますが、大きくて運びにくかったりドアや階段が通れない大きさの場合は解体することが必要になります。

解体をするべきか迷った時には、引っ越し業者が解体、または組み立てまでをやってくれるかどうか確認しておきましょう。

解体・組み立てがオプション料金になる場合に、費用と自分の手間を考えて自分で解体するか、業者に頼むか決めるといいですね。

また、ベッドがあるかないのかによって引っ越し代金が大きく異なってくる可能性もあるので事前見積もりの際に、うっかり伝え忘れがないようにしてくださいね。

解体した時のメリット・デメリット

ベッドを解体したときのメリットとデメリットをあげてみましょう。
メリット
メリットは何より持ち運びが楽ということです。
持ち運びが楽なので運ぶ時に壁や床にぶつけて傷をつけることも少なくなります。

また、解体がオプション料金の場合は、自分で解体をすれば費用が安く済むというのもメリットの一つです。

デメリット
解体をする手間と時間がかかること、引越し後に再度組み立てる必要があるということです。
また、解体や組み立ての際に床や壁を傷つけてしまったり、組み立てが上手くいかなかった場合に元通りに戻らない可能性があります。

その他にも運んでいる途中に部品を無くしてしまう可能性があるなどのデメリットが挙げられますが、ほとんどのデメリットは業者に依頼することで解決することが出来ます。

業者に依頼すれば解体や組み立ても素早く行ってもらえますし、傷をつけるリスクも格段に少なくなります。

スポンサーリンク

ベッドを処分したい時はどうする?

なかには、引っ越しの際にベッドを捨てたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ベッドを処分する方法はいくつかあります。
1番手間がかからない方法は、引っ越しの際に引っ越し業者に処分を依頼することです。

引っ越しは引っ越し当日になるため、引っ越しギリギリまでベッドを使うことが出来ます。

その際は処分絵料金がかかることがありますので、当日になってから処分してほしいというのではなく、見積もりの時にお願いしておきましょう。

その他には、リサイクルショップに買い取りをしてもらったり、民間の粗大ゴミ回収業者や各自治体に処分を依頼するといった方法があります。

リサイクルショップに依頼する場合には、ベッドが買い取りしてもらえる状態なのかの確認が必要です。

その他の方法で処分する場合も料金がそれぞれ異なってくるので、一度比較してみてはいかがでしょうか。

また、ベッドに限らずほかの粗大ゴミもまとめて出せるように、まずは処分が必要なものをリストアップしておきましょう。

まとめ

今回は引っ越しする時のベッドの片付け方についてご紹介しました。
ベッドを解体するのかどうか、解体するのであればどこか業者に依頼するのかを検討する時に、この記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

 

-ライフスタイル
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved.