気になることいろいろ調べてみよう!話のネタにどうぞ!

雑学Labo

ライフスタイル

赤ちゃんの秋服はいつから着せる?種類や選び方アドバイス!

更新日:

はじめて子供を育てるお母さんにとって、赤ちゃんの衣替えは大イベントです。

この気温で肌寒くないかな……赤ちゃんは体温が高いと言われているけれど、今から秋服を着せても大丈夫? など、疑問の嵐ですよね。

更に、赤ちゃんの洋服にはどんな種類があるのか、どんなものを選べば良いのかなど、お母さんの疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの秋服、どんな種類があるの?

秋は気温差が激しいので、洋服選びに迷ってしまいます。

日中は薄着で、日が落ちてきたらもう一枚重ねて……と大忙しです。
そこで、赤ちゃんの秋服にはどんなものがあるのか、ご紹介しますね。

ドレスオール

洋服のすその部分がスカートになっている新生児向けの洋服です。
まだ、足をバタバタさせない時期に着ることが多く、生まれたばかりの赤ちゃんが着るセレモニードレスに良くある形です。

プレオール

赤ちゃんの足の形に合わせて作られた新生児~6ヶ月くらいの赤ちゃんの洋服です。
生地もやわらかく、すそにゴムが入っていないのが特徴です。

カバーオール

プレオールよりも生地が厚手にできていて、すそも長めです。
すその部分にゴムが入っているので保温性抜群で、脚まで覆うデザインもあります。

ツーウェイオール

ドレスオールにもカバーオールにもなる便利な洋服です。
新生児から6ヶ月くらいまで着られますので、成長に合わせてボタンの留め方を変えて形を変えて着せると、とっても経済的です。

ボディーオール

3ヶ月くらいから着せられるもので、頭からかぶるタイプやスナップボタンで留めるタイプなどメーカーによって様々です。

メーカーによっては、インナー=ボディーオールという名前になっていますので、購入時に注意が必要です。

ロンパース

シャツとパンツが一体化した洋服で、股下がスナップボタンで開閉できるのが特徴です。
これにより、オムツ交換が簡単にできます。
ハイハイを始めた頃から着せる洋服なので、頭からかぶる形です。

セパレート

上下別になっている洋服で、腰が据わったころから着せる洋服です。
上下別なので、汚れても簡単に着替えができます。

赤ちゃんの洋服は種類がたくさんありますので覚えるだけでも大変です。
次は、この洋服たちをどのように使い分けるのか、ご説明します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの月齢にあった秋服を選ぼう!

赤ちゃんに着せる洋服は、月齢に合わせて作られています。
今度は、赤ちゃんの月齢に合った洋服がどんなもので、どのように着合せれば良いか、ご説明します。

0歳~3ヶ月

この頃の赤ちゃんは、あまり動き回らずに寝てばかりいます。
寝て、起きてを何回も繰り返すので、寝転んだ状態でも着せやすい洋服を選ぶ必要があるのです。

「短肌着・コンビ肌着・ツーウェイオール」の組み合わせが一般的で、気温に合わせて素材を変えるようにしてください。
代謝の良い時期ですから、こまめに肌着を交換してあげることも忘れないでくださいね。

3ヶ月~6ヶ月

この時期になると首が据わったり寝返りを打ったりと、赤ちゃんはたくさん動き回ります。
動き回るとたくさん汗をかきますので、肌着は汗を吸収するものを選んでください。

「ツーウェイオール」「ボディーオール」「ロンパース」などがおすすめです。
頭からかぶると怖くなって泣いてしまう赤ちゃんの場合は、ツーウェイオールやボディーオールを選んで着せてあげてください。

6ヶ月~9ヶ月

この月齢になると、赤ちゃんは色々なものに興味を持ち始めて、体をたくさん動かすようになります。
ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩きなど、お母さんは追いかけるのに一苦労です。

「カバーオール」「ロンパース」など動きやすい生地の洋服を選んであげてください。
良く動きまわるので、こまめに肌着を取り替えてあげてくださいね。

9ヶ月~12ヶ月

伝い歩きから一人歩きになり、活発さが更に増す時期です。
この時期になると、洋服の裾を踏んで転んでしまうことが多くなるので、洋服のサイズは注意が必要です。

「セパレート」や「ロンパース」など、動きやすい洋服を着せてあげてください。
この時期になっても、頭から洋服をかぶるのが苦手な赤ちゃんには、カバーオールでも大丈夫ですよ。

赤ちゃんによって着心地の良さや着やすさが異なりますので、赤ちゃんの好みに合わせて洋服の素材や形を選んであげてくださいね。

では、この秋服をいつ頃から着せたら良いのでしょうか?
次は、衣替えのタイミングをご紹介します。

タイミングが重要!秋服を着せる時期はいつから?

秋になると衣替えの時期です。
秋服は一般的に長袖の洋服になりますが、まだまだ夏のような日差しがある中で、衣替えだからと言って赤ちゃんに長袖の洋服を着せるわけにはいきません。

はっきりと言うと、大人と違って赤ちゃんの衣替えに決まった日付などはありません。
暑ければ通気性がよくて汗を吸いやすい肌着を選び、寒ければ秋用の生地の洋服を選んであげれば良いのです。

昼間は暑いのに日が落ちると肌寒くなるという日には、上から重ねて着られるパーカーや、ポンチョなどを用意しておくと便利ですよ。

まとめ

赤ちゃんの体温調整はとっても難しいです。
着すぎると汗をたくさんかいて汗疹になってしまいますし、気がつかない間に脱水症状を起こしてしまう危険性もあります。

ですから、赤ちゃんの様子をしっかりと観察して、適した服装選びを心がけてくださいね。

スポンサーリンク

 

-ライフスタイル
-,

Copyright© 雑学Labo , 2017 All Rights Reserved.